FX

GBPAUD(ポンドオージー)12月21日からのトレード戦略

こんにちは、みやびです。

21日からのトレード戦略。

GBPAUD(ポンドオージー)のDAY(日足)環境認識


ダウ理論的にはずっとショート目線。

レンジ下限まで約2円あるので、まだ下がる余地あり。

レンジ下限を抜けるか反転するか重要な局面。

GBPAUD(ポンドオージー)のH4(4時間足)環境認識


強烈な下げの7割ぐらいは戻したけど、まだ上げる力は弱くってショート継続。

目先は、上げる要素が見当たらないので、先週の窓空けを埋めに下げるのではないかと。

GBPAUD(ポンドオージー)のH1(1時間足)環境認識


H1レベルでのレンジブレイクして下げが再加速。

ボリバンの−2・1σ間から抜けれてない、MAも下向いて来たので上げる要素が見つけれない。

月曜からもショート中心で。

まとめ|GBPAUD(ポンドオージー)12月21日からのトレード戦略

まだまだショートが強くって反転する兆しが見えないですね。

唯一はレンジ下限でどういう動きをするのか?

これを注視して行きましょう!