FX

FXで死にたいほど負けて資金を溶かしたから負けトレードを見直しみた

こんにちは、超絶ポンコツトレーダーです。

最近FXの調子が激悪く、ボク的には相当な金額を溶かしました。

以前なら更にトレードを繰り返して一文無しになって、ゼロからリスタートって感じでしたが今回は成長しました!

一旦トレーダーを中止して、自分の負けパターンを振り返って見る事にしました。

その結果、客観的に見るとそりゃ負ける確率高いわなってトレードのオンパレードでした(汗)

これを見たあなたも同じ事しないようにね気をつけてね!

FXは自分の負けパターンを知る事が超絶大事

自分の失敗したトレードを思い出したりするのは気分が下がりますが、勝ち続けるトレーダーには必要な事だから、ここは踏ん張ってやって行きましょう!

トレードノートを書くのが全く続かないので正確ではないですが、記憶にあるトレードから自分が負けた時のパターンを思い出しました。

思い出せば出すほど、王道の負けパターンでした(笑)

負けパターンを大きく3つに分けました。

負けパターン1:感覚的なトレード

長期足の方向を無視して、感覚的(値頃感)に上がるor下がるゲームの自主開催してました。

感覚的なトレードを分ける3つになりました。

安易な逆張り
水平線を抜けの飛び乗り
損切りした後に即ドテン

安易な逆張り

例えば下の画像のようにズーンって上昇して今日は1.5円上げたからココが天井だな。

だからズーンって下げるだろうって、値頃感で逆張りショートを打ってフルボッコにされました。

上の画像の場面だと水平線に何度も止められているので、逆張りショート打つのは悪くないけど、利益を伸ばそうとしてフルボッコにされちゃうパターン。

逆張りは利益を伸ばすっていうより、ペロってちょっと頂くイメージを持つこと。

ちょっと頂くっていっても、逆張りする根拠はちゃんと持っとかないと、フルボッコにされます。

逆張りちゃんと使えば良い武器になるので、使いこなしたいですね。

水平線抜けの飛び乗り

水平線は多くのトレーダーが、損切りの目安やレジサポの位置として使ってる、意識されやすい指標の一つです。

その水平線にレートが何度もアタックしても抜けない時、水平線から少し離れた位置に損切りを設定して逆張りする人が多くなります。

ボクもこういうトレードをやります。

水平線を抜けずにレートが反転すれば良いですが、もし水平線を抜けちゃうと溜まった損切りを巻き込んでレートは更に伸びて行きます。

その流れに乗り遅れまいと、飛び乗る人がいるのでレートの伸びが更に加速して行きます。

このトレーダー心理を利用したのが、ブレイクアウト手法です。

ただし、レートは水平線で必ずピタッと止まるわけではありません。

行き過ぎたり届かなかったりする事がほとんどです。

チャート上で見ると一本の棒だからピタッと止まるように思えますが、実際はゴムのように柔軟性があり下図のようにはみ出したりします。

はみ出した時にブレイクアウトだ!って、すぐ飛び乗ると下図のように舞い戻って来てフルボッコにされます。

相場が、逆張り手法とブレイクアウト手法の2種類の動きだけだと簡単なんですが、水平線は引く位置は人によって全然違うのでそうも行きません。

水平線を使う時は、自分が引いた線を過信しない!これにつきます。

損切り後のドテン

ドテンは、事前にちゃんと見極めてないと往復ビンタを食らって、フルボッコx2になります。

損切り=ブレイクアウト

この式が正しいって思い込んでるから、負けを取り返すぞ!ってヒートアップして、即ドテンしちゃうんですよね。

そして自分のドテンした判断は間違いはない!、間違いって認めたくない!ですよね。

だからポジションに執着して、ドテン後に逆行しても損切りが出来ず大損します。

これでフルボッコx2を喰らって、再起不能に追い込まれた事もありましたね…

ドテンするなら長期足の流れ方向と逆の場合はしないようにしましょう。

負けパターン2:無計画なハイレバ

多くのトレーダーが使ってる海外口座の魅力は、何と言ってもハイレバ!

レバレッジが500倍から1000倍あるので小資金でも大きく張れるのが魅力ですよね。

Twitterとかで見る5万円から1000万にしました!!とか、いつかはやってみたい。

小資金から増やそうとするとレバレッジを掛ける必要がありますが、無計画に掛けるのはNG。

ここだ!ってエントリーポイントが来ても、フルレバで突っ込んじゃダメ!

そのエントリーポイントで勝てる確率が99%でも、今回が残りの1%かもしれません。

エントリーポイントを探すのに戦略をたてますよね。

レバレッジも、このポイントは勝率が高いから倍ポジでみたいな感じで、戦略的に使いましょう。

負けパターン3:無計画なナンピン

世間一般ではナンピンは絶対ダメって言われていますが、ナンピンも計画的に使えば良い武器になります。

絶対ダメなナンピンは、逆行したからナンピンする無計画なのが絶対ダメなやつ。

サラ金と一緒で『ご利用は計画的に』です。

ボクが思う計画的なナンピンの仕方は2パターン

    1.損切りラインに到達した時に損する金額からナンピンする数を決める
    2.損切りライン手前で何発かナンピンする

1.は分割エントリーと言い換えても良いですね。

エントリーした瞬間にプラ転するようなドンピシャなエントリーは無理ゲーなんです。

だから自分が思ったとこら辺に来たら、まずエントリーして様子を見る。

それで描いた方向にいけばそれでOK。

もし逆行した場合にナンピンします。

いずれにしても、エントリーが自分のルール通りに出来たのが大前提。

それが出来てないのにナンピンを使うと、一文無しにリーチがかかるので気をつけましょう。

まとめ

自分の負けパターンを振り返ってみましたが、酷いトレードのオンパレードでした(泣)

ちゃんと月単位で勝てることもあるのんで、この負けパターンを忘れないようにディスプレイに貼って置こうと思います。

これを減らせればトレーダーとして胸を張って生きて行けますね。

頑張るぞ!